債務整理とはどうゆうもの?【弁護士に相談するには?】

債務整理とはどうゆうもの?【弁護士に相談するには?】

債務整理とはどうゆうもの?【弁護士に相談するには?】

債務整理とは多重債務を解決する方法です。
この方法には任意整理、特定調停、民事再生、自己破産と種類があります。

任意整理についてくわしく説明します。
裁判所を通さずに債権者と交渉して、債務の金額を決定するというものが任意整理です。
債務者自身が交渉することもできますし、弁護士や司法書士などに依頼することもできます。
特定調停については、これは借金の支払いが不能になるおそれがある債務者のためのものです。
裁判所の委員が間に入って、債権者と債務の金額や支払方法を決定するというものです。
簡単に言うと、裁判所における任意整理です。
民事再生に関しては、個人再生手続とも呼ばれるもので、債務の一部を3年程で支払って、残額は免除してもらうというものです。
借金を1/5、もしくは100万円の多い方に減額することができます。

自己破産に関しては、これは債務者が借金を返済することができなくなった際、債務者の財産をお金にかえて、全ての債権者に分配するというものになります。
分配の仕方については公平に分配されます。
自己破産は他の方法では解決することができない場合に行います。

債務整理とは上記のように4つの種類があるものになります。
借金の残額や収入、所有している不動産や自動車など、債務状況に合ったものを選びましょう。
弁護士や司法書士などに、債務整理とはどんな方法か、またその種類とそれぞれの特徴などについてくわしく聞くことも大切です。