債務整理に関しての連帯保証人について※債務整理の知識まとめ

債務整理に関しての連帯保証人について※債務整理の知識まとめ

債務整理に関しての連帯保証人について※債務整理の知識まとめ

多額のローンを組んだりするなどの融資を受ける際には、連帯保証人が必要になるケースがあります。万が一、債務者の支払いが不可能になった時に、債務者に代わって支払いを行ってもらうための存在が、この連帯保証人です。
債務者としては自分を信じてくれた連帯保証人に迷惑をかけないように、支払いを滞ることなく行う義務がありますが、何らかの事情が発生し、支払いが困難になってしまうこともありえなくはありません。
そんな時に便利なのが、債務整理です。債務整理を行えば、無理なく借金の返済ができるようになる可能性があるからです。
しかし債務整理ならば、何でもよい訳ではありません。債務整理の中でも気をつけなければならないのが、個人再生と自己破産です。この2種類は借金を大幅に減額してもらえたり、返済義務を免除される方法となります。
債務者にとっては有り難い制度ですが、この債務整理を行って債務者から回収できなくなった分は、連帯保証人に対して債権者が請求をするようになります。この事実を十分承知の上で個人再生や自己破産を利用しないと、深刻な問題を引き起こしかねません。
連帯保証人に迷惑をかけたくないのであれば、任意整理による債務整理がおすすめです。債務者本人と連帯保証人が一緒に任意整理を行うというかたちで専門家に依頼をすれば、解決するからです。また、連帯保証人が必要でない借金だけを選んで任意整理を行うこともできますので、この方法ならば迷惑をかけずに済むでしょう。